CRM(Customer Relationship Management)、日本語では「顧客関係管理」と呼ばれます。顧客との関係性、コミュニケーションを管理し、自社の従業員と顧客との関係を一元的に把握できるようにします。たとえば、連絡先や購入履歴の確認、メールやソーシャルメディアを通じたやりとり、業務管理、商談状況のチェックなどを1つの業務アプリケーションの中で行います。こうした情報の一元化により、顧客をより深く理解し、営業活動の向上のみならず、サービス、マーケティング、経営戦略などに活かしていくことができるのです。このようにCRMは、企業が顧客とのつながりを維持し、顧客生涯価値(LTV)と収益を向上させるのに役立ちます。 そのために使われるシステムやツールはCRMシステム、CRMツールと呼ぶのが本来ですが、現在ではツールも含めてCRMと呼ぶのが一般的です
CRMツールにはどんな機能があるのだろう?
CRMツール機能紹介

顧客情報管理

顧客情報管理とは、クライアントの基本的な情報に加え、取引きや商談の日時、内容の履歴情報を管理する機能です。カスタマイズによって、管理したい項目を追加することもできます。

より細かい機能やMarkefanへのお問合せはこちらから

お問合せ