Contact us from here!  

Markefan contact center

Hi Welcome to Markefan

営業マンのMAツール活用

MAツール(マーケティングオートメーション)はマーケティングチームだけのものではなく、営業マン1人1人がMAを活用する場合どのように使用するべきなのか?MAを優れた機能を営業活動で使用する方法をまとめました。

①販売のためのフォローアップ
営業マン1人1人が持っている営業リストは様々なフェーズがあります。失注リスト、休眠リスト、見込み度Cリスト、見込み度Bリスト、見込み度Aリストなどのフェーズ毎にMAの自動化かれたメールマーケティングでコミュニケーションを維持します。

②リードの追跡
MAの機能である顧客の行動を可視化するトラッキングを利用し見込み客がウェビナーに参加しているか、webサイトを訪問しているか、メールをクックしているかなど行動を理解することでアプローチすべきメッセージを調整します。これらのエンゲージメント指標はすべて、営業チームがコンバージョンを改善し、販売プロセスを短縮するために利用できます。

③スコアリングによる優先順位をつけ
MAの機能では顧客の行動に基づいてスコアをつけることができます。これによって誰に注力してアプローチすべきか、または見込み度の薄い見込み客に費やす時間を回避できます。全体的なセールス生産性を向上させることができます。

④成約率の向上
MAの最大の武器はonetooneアプローチであり、興味のないコンテンツのアプローチは顧客にとってスパムでしかありません。適切な人に適切なタイミングで適切コンテンツを届けるonetooneアプローチは興味を引き付け購入の準備段階へと引き上げます。

更に詳しく営業チームのMA活用は下記までお問い合わせ下さい。
もっと詳しく知る

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。