Contact us from here!  

Markefan contact center

Hi Welcome to Markefan

MAツールの期待が高まるコロナ禍のマーケティングDXと営業DX

コロナ禍のマーケティングでMAの期待が高まる中、「導入コスト」「知識」「専門人材確保」等、導入障壁が高い
コロナ禍でDX(デジタルトランスフォーメーション)が課題となる中、総務や経理などのバックヤード部門だけではなくマーケティング業務も「生産性向上」や「業務効率化」が求められています。マーケティング業務の自動化を提供するMA市場の伸びがそれを物語っています。
MAは営業支援、顧客管理を目的としたSFAやCRMとは異なり、見込み客の育成と選別のためのプロセスを自動化していくツールです。マーケティングの専属部署を設けていない企業では、キャンペーン設定や結果分析など、見込み客の反応をスコアリングしたり、評価していくための業務を営業が自身で行なわざるを得ないケースが少なくなく、その負担は大きいのです。

そのために残業が生じたり、外注するにもパートやフリーランスへの発注コストが発生してしまうなどマーケティング活動には思いの外、人やコストがかかっています。
MAは企業のこうした状況を解消するためのツールとして注目を集めているのですが、現在リリースされているものは高額であったり、使い方が分からなかったり、使いこなせる人材が不在であったりとハードルが高くなっている状態です。

コロナ禍で企業がMA導入を検討するのは必至ですが、こうした背景によりDXが進まない現状があるのです。そうした中で、コストや使いやすいUIで優位性を獲得できれば、一躍MAツールの主役になれる可能性を秘めています。

MAツールに関するご相談は下記までお願いします。

お問い合わせはこちら

オンライン打ち合わせご予約フォームこちら

オンラインミーティングご予約はこちら

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。